原本の返送について


2018年2月現在、日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便の一斉値上げの影響を受けまして、
通販業界全体で、配送費が著しく高騰しております。元々割引契約で成り立っていたところからの値上げや高騰ですので、
10%20%といったレベルの値上げではなく、およそ2倍程度まで送料コストが膨らみ、とても企業努力で吸収しきれない状態となっております。

弊社ではこれまで、基本料金に返送費を織り込み頑張ってまいりましたが、
上記理由から輸送コストにつきましてはまったくスケールメリットを活かせない状態となってしまいましたので、
恐縮ながら原本の返送が必要な場合、無料→税抜き30000円以上のご利用に限り無料とさせていただく運びとなりました。


原本処分をご希望の場合の納品ディスクは、受注金額に関係なく弊社負担の定形外郵便にて返送させて頂きますが、裁断スキャン後、製本して返送をご希望の場合や、裁断なしスキャン時の原本の返送の場合、30000円以下でのご利用の場合の返送費は実費請求となります。
お客様各位におかれましては、大変ご迷惑をおかけしてしまい、恐縮ではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご注文フォームのチェック項目について、下記をご確認ください。



〇原本はゆうパック元払いで返送
書籍が弊社に届いた際に、受け取った状態の荷物サイズを元にゆうパック正規料金を計算し、スキャンの正式見積もり費用に加えてご請求させて頂きます。
等とは?)→本が1冊、小さな本が2冊、薄い書類など、レターパック510で返送可能な場合、ゆうパックより大幅に安く手渡し納品ができるため、この場合、弊社裁量でレターパック510で納品とさせていただくための記載です。どうしてもゆうパックでの納品をご希望の場合、ご連絡くだされば、対応可能です。
 また、弊社では安全に納品させて頂くため、原本の返送をご希望の場合、必ず手渡しでお受け取り頂ける「ゆうパック」か、「レターパック510」のみでの納品とさせていただいております。
レターパック360や定形外はポスト投函であるため使用していません。また、発送時レターパックで発送されたとしても、物量が多く無理やり詰め込むような返送になってしまう場合には、弊社判断で安全にゆうパックでの納品とさせて頂いております。
弊社にとりましてお客様からお送り頂いた原本は、お客様からの大切な預かりものという位置づけとなりますのでご了承ください。

荷物到着段階で、スキャン費用と合わせての返送料請求となりますので、実際の返送時の梱包サイズ誤差に伴い、本来の送料と比較し費用が若干前後する可能性がありますが、料金前払いシステム上、安定した取引を保証させて頂くためにも、後から生じた誤差に対する追加請求・詳細な精算は行いません。あくまでゆうパック正規料金が弊社の返送手数料とお考えください。
弊社での送料計算は受け取った荷物の外箱サイズと重量で計算しますので、少しでも返送費をお安くしたい場合、隙間の多いダンボールでの発送はお控えください。



〇原本はゆうパック着払いで返送
原本返送時、ゆうパック送料着払いで返送させて頂きます。お受け取り時に送料のみお支払いください。


〇原本はヤマト着払いで返送
原本返送時、ヤマト送料着払いで返送させて頂きます。お受け取り時に送料のみお支払いください。


最終的な受注額が税抜き30000円以上である場合、
上記返送方法の選択内容にかかわらず、返送料弊社負担で、ゆうパック返送となります。




〇送料にかかる消費税について
弊社では、一定規模の売り上げの発生する消費税課税業者となっておりますので、売上に対して消費税が発生します。合わせて、お客様からお支払い頂いた作業代金につきましては、名目を問わず全て売上として計上する経理処理方法をとっている為、原本返送を伴う「ゆうパック元払い等」で納品をお選び頂いた場合、弊社が建て替えた送料に対しても、弊社の売上としてさらに消費税が発生し納付する必要がでてまいります。
※仕分け上、立替金として受領する場合、非課税とすることも可能なのですが、この場合、お支払い1件ごとに送料部分の証明を添えて仕分けを行い、立替金計上するという煩雑な手続きを行う必要が出てまいり、事務作業の負担が非常に大きくなりますので、大変恐縮ながらこのようなシステムをとっております。税務上はいずれの方法も公に認められている計算方法ではあるのですが、もし送料部分への課税を避け、少しでもお安く返送をご希望される場合、「原本はゆうパック着払いで返送」または「原本はヤマト着払いで返送」をお選びいただけますと、弊社が送料代金の立替でかかわることがありませんので、課税は避けられます。金額的に小さな話ではございますが、気になる場合、弊社を介さずに着払いで自ら返送費をお支払いくださいますようお願い申し上げます。


<その他重要事項>
・尚、ゆうパック配送料金は、2018年3月より、従来の30kgまでの料金テーブルから、25キロまでの料金テーブルに変更となっております。25kg以上は重量料金として、およそ500円高い別の料金テーブルが用意されていますので、ご計算の際はご注意ください。

・原本返送をご希望の際、小規模の書籍の返送の際でも、荷物が到着しないトラブルを防ぐ為、「手渡し+追跡できない発送」は行わない運営方針となっておりますので、定形外郵便での返送には対応できかねます。