創業13年 ペパレスの電子書籍化サービス

几帳面な精鋭スタッフが高品質なデータを作成します

論文・社内報・他社で困難な古書や雑誌もお任せ下さい
OCR・テキスト入力、名簿のエクセル化も得意分野です


ペパレス > コラムTOP > 身内の遺品から、貴重な本や書類が!「保管」と「処分」が同時にできる方法


身内の遺品から、貴重な本や書類が!「保管」と「処分」が同時にできる方法





遺品の片付けをしてたら、古くて珍しい本が沢山出てきた!
やっぱり捨てるのはもったいないかな…

せっかくだし、ちょっと読んでみたいなって思うけど
古くて状態も悪いし、手も汚れるし、正直読みにくい。

それに、このまま置いておくのも、場所を取るしなぁ。
どうするのがベストなんだろう?


最近、遺品整理をされた方なら、そういったお悩みを抱えていらっしゃるかもしれません。

亡くなった方の私物で、しかも古くて貴重なものとなると
やっぱり手元に置いておきたい気持ちが出てきてしまいますよね。

でも、本や書類は正直嵩張りますし、保管していても劣化する一方。

捨ててしまっても、今の生活に支障がある訳でもないし
どちらにしてもメリットとデメリットがあります。



しかし、この「残す」と「捨てる」、両方を実現する方法があります!

それが「電子化」です。

電子化とは、
「本や書類などの紙媒体をデジタルデータにして、パソコンやスマートフォンなどの端末で閲覧できるようにする」
というものですが、これは、個人でもやろうと思えばできますし、業者に依頼して代行してもらうこともできます。


「あまりデジタルデータとか、電子書籍って馴染みがない」
「そういう業者に依頼したことがないし、不安だなぁ」

という方もおられるかもしれませんが、一度利用してしまうと、あまりの便利さにリピートする人も少なくありません。



本や書類を電子化すると

・ウェブ漫画や小説のように、本をいつでも手軽に読めるようになる。

・データディスクやUSBメモリ、クラウドストレージに保管できて、
何十冊、何百冊もの本が、簡単に管理できる。

・原本は業者がそのまま処分してくれるから、家は片付く。

・どうしても手元に置いておきたい本は、本を破壊せずに電子化してくれる業者に頼めば
原本も電子化のデータも両方が手元に残る

・OCRという機能をつければ、本の中身から文字列の検索もできて、実際に本を読むよりも便利。

など、たくさんのメリットがあります。


「便利なのは分かるけど、またもう少し落ち着いた時で良いかな」

そんな風に思われた方もいらっしゃるかもしれません。
(私も同じ立場ならそう思います)

しかし、この電子化は「とにかく早めの依頼」が重要になってくるんです!


それは

・本が古すぎると、電子化を断られるケースが多い。

・受け付けてくれたとしても、本の汚れが酷かったり、状態が悪かったりすると、料金が割高になる。

などといったことが理由なのですが、
紙は一度劣化が始まると、どんどん進んでしまいますよね。

「またその内…」

と言っている間に、電子化の代金がどんどん高くなってしまったり、引き受けてくれる業者が見つからなくなってしまったりして、

結局、「残すか捨てる、どっちかしかない!」

という状態になってしまう可能性があるんです。


それに、大掛かりな片付けは、勢いでやってしまった方が捗りますよね。

遺品整理を機に、思い切って本や書類を電子化してしまって
お家をスッキリさせませんか?



もし、

「業者って、どうやって選べば良いんだろう?」
「もう既に本が古くてボロボロだけど、引き受けてくれるところってあるのかな…」

と不安に思われた方は、日本でもトップレベルの実績がある電子化の代行業者、ペパレス製作所に是非一度ご相談ください。


大切な本が、デジタルデータとしてずっと保管が出来るように、
ボロボロの古書の電子化も、数多く引き受けてきました。

こちらのコラムにも、古くて黄ばんだ紙をきれいに電子化したサンプルが載っていますので
良ければご覧になって、参考にしてみてください。

黄ばんだ本や古書を綺麗に電子化する方法