基本料金


基本料金 一律 1000円

一度の注文ごとに発生する基本料金で、納品ディスク作成費・原本処分費などの諸費用に相当します。


原本返送費  実費請求となります。ただし、ご利用30000円(税抜き)の場合、無料でゆうパック返送させて頂きます。

 ・原本を返送希望の場合、到着した荷物サイズに基づくゆうパック正規料金額を返送料として申し受けます。
 ・30000円以上のご利用のお客様はゆうパック無料返送対応させて頂きます。
 ・原本処分希望の場合、受注金額にかかわらず納品ディスクは弊社費用負担で、定形外郵便にてディスクを返送させて頂きます。
 ・返送費が発生する場合、荷物到着段階で、スキャン費用と合わせての請求となりますので、実際の返送時の梱包サイズ 誤差に伴い、若干送料が多少前後することを見込んでおりますが、お客様との取引上、この差額の清算は増える場合も減る場合も行いませんので、追加請求はございません。
 ・返送希望時、ゆうパック着払い・ヤマト着払いをご選択いただくことも可能となります。着払い希望の場合、返送料の請求は致しません。
 ・受注規模が大きく、複数小口で納品返送が必要な場合、30000円ごとに1個口が無料対応可能となります。
 例:10万円のご依頼の場合、3箱まで無料納品対応が可能となります。





特急料金

合計費用の25%割増
○順番待ちを飛ばして優先的に複数の作業者で一気に作業・返送を行う費用です。
○「特急希望」「早めに納品してほしい」など、納期を急ぐ要望が含まれる場合、設定させていただきます。
例①ご依頼金額3万円→通常10日納品。特急2営業日納品
例②ご依頼金額15万円→通常25日納品。特急6日納品
※納期例はご入金確認後から運送会社に引き渡すまでの期間で記載していますので、往復輸送期間を別途ご考慮ください。
※混雑状況によっては、対応できない場合もございます。
※入金のやり取りを省略するための代引き決済(+500円)にも対応可能です。



スキャン作業が不可の書籍について

下記書籍については、弊社判断によりスキャン禁止とさせて頂いておりますので、ご発送なさらないでください。
①著者または出版社の電子化許諾をとっていない市販本
①図書館で借りた本など自己所有ではない本
②裁断本(既に電子化・データ保管されている可能性が高いため)
③雑誌・週刊誌全般
④コミック本全般(同人誌は除く)
⑤著者・書籍形態問わず、下記の出版社発行の本
 集英社・講談社・小学館・角川書店・新潮社・文藝春秋・光文社・スクウェアエニックス
⑥その他、電子化を望まないとの意向を発信・周知に努めておられる出版社・著者様の書籍

※権利者様(自著及び出版社様)からのご依頼の場合は作業可能です。
市販書籍と許諾についての説明




スキャンサービスの種類


書籍-裁断スキャン(最大A3まで)

冊子や書籍などの綴じ部分を裁断して自動スキャン(ADF)し電子書籍を作成します。 250円/50ページ
○標準設定は、表紙フラットベッドスキャン・見返しスキャン・300dpi・左右開き設定・余白トリム処理・ファイル名は本のタイトル、PDF形式の納品となります。

ページ数にかかわらず、裁断や設定など1冊ごとに発生する諸作業の関係で、1冊の最低料金は500円となっております。


1冊あたりの料金例
10 ページ以下の本   500円
100ページ以下の本   500円
150ページ以下の本   750円
200ページ以下の本  1000円



割増料金について
下記に1つ該当するごとに、25%の割増料金となります。
①400dpiに解像度アップのご依頼(表紙無しの白黒2値スキャンは除く)
②特急納品のご依頼
③古書(目安は昭和50年程度の紙焼けが強い本)
④雑誌・写真集・アルバムなど、写真が大部分を占める本
片面A4を超えA3以下の大型書籍

例:古書を400dpiでスキャンする場合、25%+25%=スキャン料金50%アップ




その他注意事項
・古書の内、さらに程度が悪く、スキャン中に紙繊維のほころびや原本破損が発生するなど状態がさらに悪い場合、時価での対応となります。(2-3倍の費用増となる可能性があります)
・自動給紙スキャンが出来ない本は対象外となります。
・不定形な折り込み類が挟まれた実験ノート、厚紙の写真集などは自動給紙できないため、裁断無しスキャンをご利用ください。
・折り込みページが複数の雑誌類は追加料金で対応可能です。
・特に事前に要望のない場合、宣伝的な帯・付箋・同封ハガキなど書籍のコンテンツと関係ないものは通常はスキャンから除外します。付箋が多いものは除去費を頂戴する場合があります。
・スキャン余白と限界:各ページの余白は裁断とスキャン後のトリムで消費されます。本の「のど部分」に8ミリ以上の余白がある場合、綺麗にスキャンできますが、逆に余白3ミリ以下の場合、文字切れなど品質低下の可能性が大きくなります。
製本にムラがあり一部ページの余白が少ない場合も文字切れの原因となります。



書籍-裁断なしスキャン(最大A3まで)

冊子や書籍などの綴じ部分を裁断せずに、フラットベッドスキャナーでスキャンを行い電子化します。 1000円/50ページ
○標準設定は、表紙・見返しスキャン・300dpi・左右開き設定・淵の余白トリム処理・ファイル名は本のタイトル、PDF形式納品となります。

1冊あたりの料金例
10 ページ以下の本  1000円
50 ページ以下の本  1000円
100ページ以下の本  2000円
150ページ以下の本  3000円
200ページ以下の本  4000円


割増料金について
下記に1つ該当するごとに、25%の割増料金となります。
①400dpiに解像度アップのご依頼(表紙無しの白黒2値スキャンは除く)
②特急納品のご依頼
③600ページ以上の重量書籍
④古書(目安は昭和50年程度の紙焼けが強い本)
⑤雑誌・写真集・アルバムなど、写真が大部分を占める本
片面A4を超えA3以下の大型書籍
⑦書籍の劣化進行を抑える為、通常以上に慎重な操作を要する本

例:「アルバム」を「お急ぎ特急納品」でスキャンする場合、25%+25%=スキャン料金50%アップ

注意事項
○スキャン余白と限界:本の端に8ミリ程度の余白がございますと綺麗にスキャンできます。余白3ミリ以下で文字切れなど品質低下の可能性が大きくなります。
○本の裁断はいたしませんが、しっかりスキャンするためには力をかける必要があるスキャン方法です。古文書などスキャンに耐えられない強度であったり、裏返したりすることでページの一部がバラけたりするような辞書などは、劣化を大きく進行させてしまう可能性があります。
○特に事前に要望のない場合、宣伝的な帯・付箋・同封ハガキなど書籍のコンテンツと関係ないものはスキャンから除外します。


大型スキャン(最大A0幅84.1cmまで)

A3(幅30cm)を超え、A0(幅84cm)以下のポスターや図面を大型シートスキャナーで電子化します。
○標準設定は、片面・カラー・300dpi・JPG納品・淵トリム処理・ファイル名付与となります。


・図面類などデザイン性のないモノクロ媒体 300dpi  500円
・それ以外のA0までのポスター類       300dpi 1000円


○使用機器 グラフテック社製 CSX510を使用しスキャンします。シートスキャナーですので、ポスターなど1枚物のみです。本のスキャンはできません。
○スキャン可能な厚みは最大1.6mmまでとなります。
○BMP形式での納品も対応可能です。
○大型媒体の原本返却希望の場合、基本料金が2500円となります。
○ゆうパック最大サイズ(縦横高さの合計170センチ)を超える荷物は別途返送費が必要となります。
○両面の場合、2枚スキャン扱いとなります。


一般書類スキャン(最大A3まで)

ビジネス文書など、裁断する必要のない文書を自動スキャン(ADF)し電子書籍を作成します。 A4モノクロ限定 1000円/1kg
限定解除コース 1500円/1kg
本以外の書類のスキャンコースです。社内文書の電子化に。
対象:バインダ単位の書類など、本以外の自動スキャン可能な書類関連のスキャンです。



割増料金について
下記に1つ該当するごとに、25%の割増料金となります。
①400dpiに解像度アップのご依頼(表紙無しの白黒2値スキャンは除く)
②特急納品のご依頼
③古書類(目安は昭和50年程度の紙焼けが強い書類)



自動適用オプション
※書類の状態にあわせて自動適用となります。
小作業 40円/点 
付箋除去・ホッチキス除去など、ごく小さな作業が多く含まれる場合に適用されます。



その他オプション
③ファイル分割+ファイル名付与100円/回
ご要望があった場合のみ適用となります。
同一規格の書類群を少数ページに分割しそれぞれにファイル名付与をご希望される場合、まとめてスキャンし最後に分割・命名したほうが作業負荷が小さくなりますので、ご希望の分割数に応じてこのオプション金額が加算されます。


ご注意:貴重書類のご利用時はご注意ください。
メンテナンスには特に気を配っておりますが、ADFによる自動スキャン共通の懸念として給紙ジャムによる原本のしおれや破損、ピックローラー急停止時のローラー痕などが発生します。特に貴重な原本のスキャンはフラットベッドタイプスキャナによる手作業の「裁断無しスキャン」サービスが安全です。
○スキャン余白と限界
上下左右3ミリ程度はADF給紙誤差による画像の乱れが多く発生しますのでトリミングで一律に削ります。余白のない書類は文字切れの可能性があります。

その他細かな仕様は「書類スキャン」ページをご確認ください。





オプションサービス


裁断後の書籍の製本返却)

スキャンのために裁断した書籍・冊子を、弊社で天のり製本で綴じなおすサービスです。
簡易製本 100円/冊より(下記料金テーブル)
補強製本 簡易製本×2倍の料金
※厚紙やカバーは結合しないシンプルな製本となります。裁断前のクオリティには届きません。

長辺:A5(21cm)超からA4(30cm)まで+100円。
     A4(30cm)超から38cmまで+200円。
     38cm超からA3(44cm)まで+300円。
厚さ2.5cmを超える場合、追加1cmごとに+100円の追加となります。

最大 長辺A3(44cm) 厚み7センチまで。
例:3.5センチ厚A435cm書籍→基本100+厚100+長200=400円

○コミック本・小説など片面A5以下の書籍は簡易製本費は100円の範囲におさまります。
○分厚い書籍などでは製本前に最断面を揃える必要がある為、整形裁断を行うことが多いです。余白の少ない書籍や雑誌類は、文字が多少途切れる可能性があります。
○ハードカバーの場合、厚紙は製本対象外となり、ページのみの製本となります。カバーは添えて返送となります。
○技術や強度の向上に努めておりますが、品質を理由とした原本の弁済は行えません。重要書籍は品質を確認してからお願いします。
○スキャンオプションとしてのご利用の場合、返送費と整形裁断費は無料となりますが、自炊支援コーナーから製本のみをお申し込みの場合、整形裁断費(必要な場合)+作業費+返送実費となります。


解像度アップ

  白黒2値 グレースケール・カラー
300→400dpi 据え置き ×1.25倍
300→600dpi ×1.25倍 ×1.50倍

解像度アップのメリットについて
例:400dpi 裁断スキャン    グレー→1000円×1.25倍=1250円
例:400dpi 裁断なしスキャン カラー→4000円×1.25倍=5000円
例:600dpi 裁断なしスキャン 白黒2値→4000円×1.25倍=5000円
※白黒2値は文字専用の設定で絵は完全につぶれます。また、表紙スキャンは行いません。
※400dpiスキャン時は、画像に乱れが出ないよう、400dpiより多少高めの解像度に調節して出力を行っています。



PDF-目次しおり作成

1項目  40円
・PDFのしおり機能を使って、目次の項目に沿って入力したしおりを作成し、クリックで各ページへジャンプができる設定を施します。

※目次リンク設定はおよそ200ページの書籍1冊に20項目(800円)と仮定してお見積りのお返事をさせていただきます。また、正式お見積り時ですが、書籍によっては1-2ページごとに目次項目がある場合もあり、極端な費用増を避ける為、1区画10ページ以上の「章」など規則的な区切りを選んでしおり化します。もし全項目しおり設定などご要望がございましたら別途ご連絡で対応させて頂きます。


・弊社アプリケーション機能の向上により、同一書籍の「モバイルPDF」・「透明文字埋め込みPDF」など複数形式のPDFを納品の場合、2ファイル目以降のPDFに付与するしおり設定費は、2015年6月以降、無料化しました。


複数ファイル形式での納品

PDF・モバイル用強圧縮PDF・JPG 追加ファイル作成費400円/冊   ※1000ページ迄
例:PDFとJPG両方納品をご希望の場合、+400円で対応となります

モバイル用強圧縮PDFは、iPadなど携帯端末で閲覧できるように強い圧縮でサイズを削減し、500MB単位でファイルを区切ったPDF規格です。


無料オプション

表紙カラー 本文グレースケール設定 小説やビジネス書に最適です
納品ファイル形式の変更 PDF→JPGに変更




テキスト化OCR作業一覧

(各レベル詳細はOCR・テキスト化コーナーへ)



「レベル1」-「透明文字埋込みPDF」処理

透明文字を埋め込んだPDFファイルを原本PDFとは別に納品します。

書籍1冊分のPDFファイル 50ページ以下       400円
50-1000ページ以下  800円
1000P超        1200円


「レベル2」-「レイアウト手動設定」処理

OCR前処理であるレイアウト(読取枠)のみ手動設定することで格段に自動OCR精度を上げるサービスです
ご自身で本をテキスト化するため、できるだけコストを抑えつつ精度の高いOCRデータがほしいという方向けです。

枠設定1か所の場合  30円/ページ
以後は、1枠追加ごとに+5円/ページ

例:通常の小説→「30円/ページ」
例:2段組み小説の場合→30+5=「35円/ページ」
例:左上に写真右上に2段組みテキスト・下部にテキストの場合、40円

その他、特殊な読み取りエリア設定を要する場合→ご相談
ページ番号・ページ上部の章名の除去→無料対応


「レベル3」-「手修正テキスト化」作業

レベル2の作業に加え、OCR後のテキストに人為的な目視修正を加え、完全なテキストファイルを作成する作業です

基本価格
ページ最大文字数(40文字×15行) 600文字/ページ  100円
料金補正
例:「1行の文字数×行数」が900文字の場合→900/600=1.5倍
このページ料金に下記の各種補正がかかります。

・日本語又は英語のみの対応となります。
・「レベル1」「レベル2」の作業費用は必要ありません。
・日本語書籍で句読点による改行など空白がほとんど無い場合 ×1.3倍
・英語書籍で句読点による改行など空白が多い場合 ×0.8倍
・2段組の小説などレイアウトが2枠以上あるもの +10円/ページより
・日本語旧字体の活字書籍×1.5倍
・カラースキャン画像からOCR手修正する場合、10%増
・その他、読取・修正に難がある書籍→ご相談


「レベル4」-「2重チェックサービス」作業

「レベル3」テキスト化作業後、別担当者による全文字再チェック作業を行います。
チェック作業は行えば行うほど、テキスト精度が上がります。出版レベルの品質をお求めの場合にお勧めです。

「レベル3」 の費用に35%加算となります。


「レベル5」-「完全WORD化」作業

「レベル4OCR」までが1行で表現できる文章に限られたOCRサービスであるのに対し、文章では表現しきれなかった部分をお客様の個別要望を受け編集を行い、原本を限りなく再現して、WORD化するサービスとなります。
・図を原本から切り取って同じ位置に張り付け
・表の再現
・太字の強調、色変更、網掛けなどの再現
・分数などの1行で表現できない数式の高度入力
など、実行可能な操作は全て、要望可能です。
・原本送付→サンプルファイル及び見積もり提出→入金→納品との形式をとっております。
※WORDの.docx形式を利用し、作業、納品をさせて頂きます。
※ある程度裁量が必要な作業となりますので、お客様からの指定の無い部分は弊社裁量での作業とさせて頂いております。
※微妙な位置関係や色合いまでは、再現出来かねます。
※レベル5OCRの2重チェックご希望の場合、別途ご要望ください。

作業所要時間1700円/1時間
「レベル5」の費用は原本の複雑さとお客様の要望により大きく変動しますので、数ページのテスト作業を元に概算の作業時間を計算し、作業時間に時間単価をかけて金額を算出する方式をとっております。
従いまして、ある程度の打ち合わせや事前準備を要するサービスとなりますので、
概算で10万円、又はページ数で100ページ以上のご利用に限り、ご対応させて頂いております。