「裁断本持ち込まず、持ち出さず。」の方針に関しまして

現在、裁断された状態の本がYAHOOオークションなどで出回っておりますが、市場におけるこれらバラバラになった裁断本の役割は大抵の場合、再度の電子書籍化目的の売買と考えられています。

裁断→スキャン→転売→スキャン→転売→スキャン→転売・・・と、裁断された本が人から人へと渡り歩き、当人たちの手により電子化が繰り返されても自ら行う作業であれば、私的複製として現行法上取り締まりの対象とはなりませんが、例えそうであったとしても、実質的に書籍データのコピーを拡散させるのと同様に著者の収益を妨げる行為にほかなりませんので、これが良くない行為であるということは感覚的にお分かり頂けるかと思います。

中古本の流通も永続的に人から人へ渡るため、1冊の本が複数の人に利用されるという意味では同じとも言えますが、スキャン事業はそもそも法的にグレーゾーンというバックグラウンドがあるため、世間に健全なビジネスとして認知してもらうためにも、中古本の流通と同程度の価値観ではまだ足りず、より高い水準での健全性が求められていると考えております。

上記問題に関しまして、弊社では「裁断本持ち込まず、持ち出さず」という自主規定に基づき、以下の2つの取り組みを行っています。

ペパレスでは裁断本のスキャン依頼はお断りしております。

すでに裁断された状態の本は、誰かの手によりデータ化された本である可能性がありますので、裁断された状態の市販本のスキャンはお引き受けしておりません。あしからずご了承お願いいたします。


ペパレスでは裁断状態で本の返却は行っておりません。市販本返却希望時は製本処理を施します。


弊社を経由した本が、裁断本市場に流通しないように、裁断本の返却は行わないという方針で運営しています。お客様には大変ご迷惑をおかけし恐縮ではございますが、スキャン後の本は弊社で処分依頼頂くか、返却をご希望の場合は1冊100円からと、リーズナブルに製本できますので補強再製本簡易再製本のいずれかを選択お願いいたします。

裁断本をそのままの状態で返却希望されたとしても、軽く確認してすぐ捨てるといった目的や、いざという時のための倉庫保管用など、必ずしも転売流通させる目的を持っていない方のほうが多数派であることはもちろん承知しておりますが、どうか書籍電子化の正しい発展に向けてご協力お願い申し上げます。

尚、団体機関誌や所属組織の論文、出版社様からのご依頼、ご自身に著作権のある書籍に関しましては、柔軟に対応させて頂きます。



再製本の扱いに関しましては下記に基づき、著者様への不利益につながらない行為と判断して作業を行っております。

・再製本後の本はたとえ中古流通したとしても、劣化に加え、綴じられている以上、2次的な電子化専用用途とはならない。
・裁断・製本は独自加工となる為、中古市場では受け入れ難く、本人による利用にのみその価値を持つ仕様である為、再利用価値はむしろ普通の中古書籍よりも低い。
・裁断→スキャン→再製本→転売→裁断→スキャン→再製本→転売→・・・×
製本加工が原因で、繰り返すたびに裁断で本が短くなり著しく原本が劣化する為、スキャン目的での再利用は市販本よりずっと不適となる。



書籍の電子化収納という画期的な用途を正しい形で皆様と発展させていければ幸いと考えます