解像度を300dpiから400dpiへ上げるメリット

解像度を300dpiから400dpiへ変更した際、新聞程度の大きさの文字の改善は小さいですが、
特に小さな文字、たとえばルビや詳細な図面の文字の品質には大きな影響を与えます。さらにはそういった部分をOCRする際の認識率も大きく上がります。

旧字にふりがなをよくふってある書籍をOCRして「透明文字埋め込みPDFファイル」を作成する場合、ルビが文字化けとして認識され、透明文字として埋め込まれるのを防ぎたい場合や、OCR後、ルビの読みで検索をかける可能性がある場合、細かな図面を拡大してみる場合におすすめです。

その他、電子化されたPDFファイルから、プリンターを利用して逆に紙媒体に印刷し直したい場合、300dpiと400dpiでは大きな画質差があります。

※400dpi→600dpiへアップグレードでも同じことが言えますが、今度は1ページの画像サイズが大きくなりすぎてPDF閲覧時に負荷・フリーズなどの大きな悪影響が発生します。PC性能やカラー・グレーの違いにもよりますが、600dpiスキャンをご希望の場合は、小説など小さな書籍では有効、B5が有効といえる上限、A4は電子化された本としては、負荷が高すぎて、使用に適さない為、弊社でも600dpiはB5サイズを上限とさせて頂いております。