はてなブックマークに追加

書籍のコピーと著作権に関しまして


著作権法の適用に関しまして

書籍の内容は著作権法により守られ、テレビ放送・映画・アニメ・音楽と同様の保護を受けます。
従いまして、「テレビをビデオ録画する」、「音楽CDをカセットへ録音する」などと同様、個人的な用途での複製や「家族と視聴する」といった特定の第3者との視聴は認められますが、他人の為の複製、沢山の知らない人へ対する公開、つまり不特定多数への公開は、権利者の承諾がなければ違法行為となります。

出版社様など権利者以外の一般のお客様はスキャンデータの用途が下記箇条書きの「他のメディアの例」と同様の感覚で合法かどうかをご一考頂き、個人的用途に限った使用目的でご利用ください。


合法なケース:個人的な複製・特定の人に対する公開

○テレビ放送を録画する。家族と一緒に見る。
○購入した市販の音楽CDをコピーして自分の車で聞く。助手席の友人と聞く。
○市販のパソコンソフトのバックアップを作成し、念のため保管する。家に遊びに来た友人が勝手にパソコンを操作し、誤ってアンインストールさせてしまったため、手元のバックアップを使った再インストール作業を友人自身が行う。

違法なケース:不特定の人に対する公開

○録画したテレビ放送を友人用にダビングする。自分の働いているお店で放映する。
○購入した市販の音楽CDを、友人用にコピーする。自分のホームページ訪問時に流れるようにする。
○市販のパソコンソフトを、友人用にコピーする。ファイル共有ソフトなどでインターネット公開する。

書籍の事業者による複製に関しまして

書籍の事業者による複製に関しまして、本は購入時にまず著作権料が支払われており、事業者によるスキャン後もデータは、また元の書籍購入者の手元に戻り、本人のみにより利用されます。

一連の行為は権利者に実質的な損害を与えておらず、犯罪にはあたりませんので、書籍の電子化代行業務を行う日本国内の全事業者、全利用者共に、警察による取締り・注意喚起を受けたことは、未だ一度も無いと認識しております。
(例:このような事例が過去に2度ありましたが、いずれも、スキャンしたデータを使いまわして複数の顧客に配ったことが原因です。)

しかしながら著者や出版社への直接的な利益がないことに加え、著作権法には本人以外の複製を禁じる条文がある為、電子書籍化事業を望まない出版社が、一部の業者に対して著作権侵害に基づく民事訴訟を行うに至っております。

スキャン代行サービスについては条文で事業者による複製を禁止しており、違法なのでは?という黒から始まるわけですが、
著作権法1条では同法について、「文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする」と記載されています。
同法の掲げる公正な法適用の精神に基づきますと、購入後の自己所有の書籍を所有者が業者の手を借りてどう加工したとしても、著者が金銭的な損害を受けるという話ではありません。

既存文化を侵害していないこれら行為に対して、形式的に条文を適用して権利者の保護を強めても、文化の発展には寄与もしない上、一方で電子化事業に制限を加えることで何が得られるのか?非合理的な制限は逆に事業者に対する権利侵害ではないのか?その本質的な疑問を突き詰めていけば白に近づいていくという稀なケースであると考えております。

このような現状に弊社も複雑な心境ではございますが、今は法令順守を優先すべきと考え、自主規定で電子化を望まない出版社の本は一律、データ化請負い対象外とさせて頂いております。

同事業につきまして、多くの方からの理解を得られればと切に願っております。


※この問題は、一部の出版社と事業者による企業間の民事紛争の話となっております。
本の種類・業者の介在如何にかかわらず、実際の利用者であるお客様自身が直接責任を問われる問題ではございませんので、その点ではご安心下さい。

「裁断本持ち込まず、持ち出さず。」の方針に関しまして

現在、裁断された状態の本がYAHOOオークションなどで出回っておりますが、市場におけるこれらバラバラになった裁断本の役割は大抵の場合、再度の電子書籍化目的の売買と考えられています。

裁断→スキャン→転売→スキャン→転売→スキャン→転売・・・と、裁断された本が人から人へと渡り歩き、当人たちの手により電子化が繰り返されても自ら行う作業であれば、私的複製として現行法上取り締まりの対象とはなりませんが、例えそうであったとしても、実質的に書籍データのコピーを拡散させるのと同様に著者の収益を妨げる行為にほかなりませんので、これが良くない行為であるということは感覚的にお分かり頂けるかと思います。

中古本の流通も永続的に人から人へ渡るため、1冊の本が複数の人に利用されるという意味では同じとも言えますが、スキャン事業はそもそも法的にグレーゾーンというバックグラウンドがあるため、世間に健全なビジネスとして認知してもらうためにも、中古本の流通と同程度の価値観ではまだ足りず、より高い水準での健全性が求められていると考えております。

上記問題に関しまして、弊社では「裁断本持ち込まず、持ち出さず」という自主規定に基づき、以下の2つの取り組みを行っています。

ペパレスでは裁断本のスキャン依頼はお断りしております。

すでに裁断された状態の本は、誰かの手によりデータ化された本である可能性がありますので、裁断された状態の市販本のスキャンはお引き受けしておりません。あしからずご了承お願いいたします。


ペパレスでは裁断状態で本の返却は行っておりません。市販本返却希望時は製本処理を施します。


弊社を経由した本が、裁断本市場に流通しないように、裁断本の返却は行わないという方針で運営しています。お客様には大変ご迷惑をおかけし恐縮ではございますが、スキャン後の本は弊社で処分依頼頂くか、返却をご希望の場合は1冊100円からと、リーズナブルに製本できますので補強再製本簡易再製本のいずれかを選択お願いいたします。

裁断本をそのままの状態で返却希望されたとしても、軽く確認してすぐ捨てるといった目的や、いざという時のための倉庫保管用など、必ずしも転売流通させる目的を持っていない方のほうが多数派であることはもちろん承知しておりますが、どうか書籍電子化の正しい発展に向けてご協力お願い申し上げます。

尚、団体機関誌や所属組織の論文、出版社様からのご依頼、ご自身に著作権のある書籍に関しましては、柔軟に対応させて頂きます。



再製本の扱いに関しましては下記に基づき、著者様への不利益につながらない行為と判断して作業を行っております。

・再製本後の本はたとえ中古流通したとしても、劣化に加え、綴じられている以上、2次的な電子化専用用途とはならない。
・裁断・製本は独自加工となる為、中古市場では受け入れ難く、本人による利用にのみその価値を持つ仕様である為、再利用価値はむしろ普通の中古書籍よりも低い。
・裁断→スキャン→再製本→転売→裁断→スキャン→再製本→転売→・・・×
製本加工が原因で、繰り返すたびに裁断で本が短くなり著しく原本が劣化する為、スキャン目的での再利用は市販本よりずっと不適となる。






ペパレスのスキャンサービスは高品質高価格帯サービスとなりますので、書類、大学論文集や団体機関誌など権利者ご本人様によるご依頼が大半ですが、そもそもスキャン対象は本人所有品限定となります。
図書館で借りた本など自己所有以外の書籍や、違法な複製物、不正公開を目的としたデータ作成とわかった場合、ペパレスでは作業請負は行えません。

書籍の電子化収納という画期的な用途を正しい形で皆様と発展させていければ幸いと考えます